興奮対策のネタバレ(スパーキー佐藤の射精コントロール方法) - スパーキー佐藤の早漏革命(購入実践記)

興奮対策のネタバレ(スパーキー佐藤の射精コントロール方法)

スパーキー佐藤の早漏対策の中で最も重要とされているのがこの興奮対策です。
おそらくほとんどの男性がこの興奮対策の部分がうまくいっていないので、射精をコントロールすることができずに早漏となっていると思います。

スパーキー佐藤の興奮対策を少しネタバレ



まず、この興奮対策に部分では、以下のような解説がされていました。

興奮レベルというのがあってレベル1からレベル6までが存在するとのこと。

スパーキー佐藤7.png
射精と言うのは、脳の中で興奮が限界水準に達した場合に脳からの射精命令が出ます。

自分がどの程度、興奮してるのか、自分の限度がどこなのかの限界水準を
知ることが重要になってきます。

常に意識しておくことで対処法がわかります。

1通常状態(文字とおり、勃起すらしていないやわらかい状態)
2半立ち状態(勃起しつつはあるけど、まだまだ硬さが足りない状態)
3勃起状態(完全に勃起している状態でこの段階ではまだ射精しそうな感覚はない)
4射精準備中(射精に達しそうな感覚が少しだけ出てきている)
5一触触発(あと数秒で射精してしまってもおかしくないような状態)
6射精状態

このパ−トでは、メインとして、3の勃起状態をキープすることによって
射精を遅らせ持続時間を延ばす方法が紹介されています。

呼吸法による早漏防止


呼吸法によって暴走している脳にストップをかけることが可能です。
呼吸で早漏が阻止できるなんて信じられないかもしれませんが、実際に
試してみますと、効果を実感できます。

実は勃起と射精には、自律神経のうちそれぞれ別の神経がかかわってきていることが明らかにされています。

自律神経には、交感神経と副交感神経とがありますが、このうち勃起をつかさどるのが副交感神経。

射精をつかさどるのは交感神経です。

緊張状態のときあ交感神経優位となりリラックスしている時には副交換神経優位となります。

副交感神経を継続するには、深呼吸が有効です。

興奮レベルを勃起状態のままキープするコツ


ピストン運動の際に、興奮状態を今以上にあげないためにも、どういった方法があるのかが解説されています。

射精準備中の段階になってしまいますと、その前の段階まで取り戻すのはなかなか難しいです。
挿入している持続時間を延ばすためには様々なテクニックがありますので
その方法が詳しくこの興奮対策に部分で解説されています。

スパーキー佐藤8.png
↑これが、スパーキー佐藤の早漏革命ではこういうように、一気に射精までいかず
遅らせることができます。

これは、まったく自分としても、知らなかった方法で、スパーキー佐藤さんが業界にも
広めた方法のようです。

実際に試してみて効果をはっきりと感じることができました。

スパーキー佐藤の早漏革命公式サイト

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © スパーキー佐藤の早漏革命(購入実践記) All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます